【勝手に松陰先生】その1「諸君、狂いたまえ」

こんにちは、yukkoです。

昨日から始めた、勝手に吉田松陰から学ぶ企画。

 

answer-in-myself.hatenablog.com

 

 

最初の言葉は、昨日ご紹介した本には載っていないものですが

おそらく、吉田松陰の言葉で一番有名であろう

 

諸君、狂いたまえ 。

 

これは吉田松陰が弟子たちにおくった言葉。

これまたいきなり過激な言葉に思えますが

実はこれ、単体ではなく上の句があるのです。

 

それは

狂愚まことに愛すべし、才良まことにおそるべし

 

狂うほどの情熱を持って常識から外れる者は

”行動”を起こしている愛すべき存在。

一方、頭だけで考えて理屈を言うことは

何も行動しなくなるので恐ろしい

 

つまり、弟子たちに「頭で考えるより、行動せよ」と送ったメッセージです。

 

情報過多の現代、「常識」という枠を超えるとまずは叩かれることが多い。

そしてその枠は一般的な常識に留まらず、自分自身で作った枠の場合もある。

 

人が作った枠も

自分が作った枠も

それを出るときは恐ろしく感じる。

 

枠の外に出ることは

それまでの自分からしてみれば

”狂って”いる行動なのかもしれない。

 

私自身、ビビりなので

結構しょうもないことでも恐かったりします。

 

旅好きを公言している私ですが

飛行機などのチケットをポチっとするときとか

未だにちょっと緊張するし。

 

恐いから、やめるのか

恐くても、やるのか

 

ちなみに脳には、最初の一歩を踏み出さないと
行動を起こせないという性質があるそうです。

行動を起こすためには、とにかくやり始めること。

 

たまには頭であれこれ考えるのをやめて

感覚を信じて、一歩踏み出してみよう。

 

諸君、いや自分よ狂いたまえ。 

タイトルとURLをコピーしました