Profile

未分類

はじめまして、結季子です。
正直なところ自己紹介って苦手なんですが、なぜかこのブログへたどり着いてしまったあなたのために書きます(笑)
目次から各項目へジャンプできますので、気になるところだけでも目を通していただければ幸いです。

略歴

1986年生まれ。愛知県出身。

工業高卒でトヨタ自動車に入社。4年半勤務し、留学するために退社。
イタリア・シエナに1年留学した後、結婚して西尾市に住み始める。
長女の出産を機に働き方を模索し、長女が2歳の時にネットショップの運営を開始。数か月で月商100万円を超え、そこからパソコンで仕事をすることに目覚める。

現在はネットショップの経験からWEBマーケティング・ライティングを駆使したWEB制作、WEBデザイン、コンテンツ作成のサポートも行っています。

思い返せば、小学校の頃に流行った「たまごっち」のボタンが効かなくなったときは分解して直したこともありました。どうやら、昔から機械系は好きだったらしい・・・

 

仕事のきっかけ

パソコンで仕事を始めたきっかけは、長女の出産。

もともと多趣味ですぐに何かしたくなる性分もあり、娘が1歳を過ぎたころから何かできないかとゴソゴソ動き始めます。

夫の夢に”Uターン移住”があったこともあり、場所を変えてもできる仕事を探して

エステティシャンや心理学系の資格を取って自宅サロンをやってみたり
実家に娘をお願いしながら、自分なりに試行錯誤したものの現実は甘くない。
「何かを売る」ということに苦手意識があって、訳も分からないまま販売して友達をなくしたことも・・・

それでも諦めきれずに、長女が2歳の時に始めたのがネットショップ。
海外好きが高じて海外の商品を個人で輸入して販売するというものでした。

ネットショップの運営はただ出品して発送すればいいだけではありません。
安定して運営するにはマーケティングやライティングなども必要になり、実務をこなしながらそれらを同時に学べたことは本当にラッキーだったと思います。

でも最初の数年はのめりこみすぎて家事子育てに手が回らなくなったり、作業に追われて自分自身が疲弊してしまったことも。
できない自分への罪悪感、無力感、そして自責・・・

時には目が覚めると心臓をつかまれているような感覚に陥るほど何度も心が折れ、そのたびに”なぜ自分がこれをやるのか””やりたいのか”と問い続ける日々。

そしてある時ふと、ひとつの光景がフラッシュバックしたのです。

それは何気なく耳にした20代の会話でした。

 

なぜか、気怠い雰囲気で座る2歳次女。

 

”もう年齢もそこそこで、結婚どうしよう
仕事もないし、とりあえず時給高めのパチンコ屋で働いてる
あいつは頭いいし、エリートで良いよな
なんかこの先、希望ないよね”

そんな後ろ向きな言葉たちに対して私が感じたのは「人生諦めて生きていきたくない」でした。
それは私自身の母が、昭和の亭主関白な父に強く言えず自分のやりたいことを諦めて生きていたこともそう思わせた理由のひとつかもしれません。

それなのに、気が付けばまさに自分が同じことをしている。

子どもが小さいから
お金がないから
時間がないから

”人や環境、何かのせいにして諦める”

その選択をしているのは自分なのに、言い訳ばかり。
私自身も同じように何かのせいにして生きている

それに気づいたとき、もう何かのせいにして諦めるのはやめよう
自分で決めて生きよう

そう心に決めました。

そして選んだWEBの道。
製作やサポートを通して”自分を生きる”人を応援したいという想いから、現在は「自分の選択肢をつくろう」を理念にお仕事をしています。

「答えは自分の中にある」

愛知県蒲郡市の竹島

現在、こうして情報発信をしいる私ですが。
冒頭に自己紹介が苦手と書いたように、性格は内向的でどちらかといえばオタク気質。
感情もあまり表に出ないため冷静に見られ、何考えてるかわからないと思われがちなタイプです。

小中学校ではいじめも経験しましたし、その時は自殺を考えるほど深刻に「私は人に理解されにくい、自分には価値がない」と思い悩んだ時期もありました。

そこから出産とWEBでの仕事を通して、結果が出る人出ない人、うまくいく人とそうでない人の違いに強く関心を持つように。
それは私自身がこれまで(特に大人になってから)結果が出ないとか、うまくいかないと感じることが多かったからです。

そして自分自身と周囲の人、会社員、経営者、名だたる有名人から哲学者、物理学や量子力学まで気になったものを手あたり次第探求。(我ながらこういうところはオタク気質最高)
そうして行きついたのが、このブログタイトルでもある「答えは自分の中にある」という言葉です。

そもそも成功や望む結果というものも本来は人それぞれなはずなのに
誰かが決めた基準の中で、誰かが「答え」を持っていて
それに従うことしか生き方がわからない

私たちは学校で答えを教えてもらう教育に慣れすぎてしまっているように思います。
(これは学校や先生を否定したいわけではありません)

だから誰かの決めた基準に納まろうとしたり、誰かに答えを求めてしまう。

でも本当は、自分で決めていい。

私が内向的とか感情が見えづらいのは、誰かから見てそうなだけであって
人と話すのは好きだし、喜怒哀楽を感じるし、結局は自分も他人もどこを切り取って見てるかだけ。

表裏一体という言葉があるように、裏返せば全部ある。

だからこそ何をやるかよりも、自分で選んでいいという自分への許可と力強さを忘れないようにしたい。
そしてこの”答えは自分の中にある”という言葉から、「自分の選択肢をつくろう」という仕事への理念にも繋がっています。

好きなものあれこれ

1年を過ごしたシエナの街

・旅すること
海外だろうが近場だろうが、定期的に旅に出ないと禁断症状が出ます(嘘)
何か一つの目的に向かいながらその途中でのハプニングを対処していくことは、日々の人生力というか、動ける力を養えるなぁとも思ったり。
気になったら即調べて、あれこれ想像(妄想?)するのも楽しい限り。

・日本文化
詳しくはないですが歴史も好き。伝統的なもの、古きよきものに惹かれる性質があります。最近は高校の部活でやっていた弓道が再燃中。

・美しいもの、美味しいもの
アートとまではいかなくとも、写真や絵やデザインなど見るのは好き。
そして食べることも大好きで、好き嫌いなくなんでも美味しくいただけます。
関係ないですが、高速道路に乗ったらサービスエリアでソフトクリームを食べるのがマイルール。

これからやりたいこと

ある日の高知県大月町柏島

近々、夫の実家への移住を計画しておりまして。
今いる西尾市よりもさらに田舎、高知県宿毛市へ行く予定です。

そして義実家の文旦農家を後継していきます。
何を隠そう、農家の嫁なんですよ私。

高知は海山川と全部きれいだし、食べ物もおいしいし、坂本龍馬のせいなのかなんなのかチャレンジ精神みたいなものも感じるので大好きです。

まずは義実家の両親から技術を学ぶことを優先しつつ、現在は超アナログな義実家で私たちがどれだけ革命を起こせるのかも楽しみどころ(笑)

現役農家目線とWEBの経験を通して、自分の家だけではなく”農家がやるべき作業に集中できる環境を整えるお手伝い”ができないかとあれこれ思案中です。
そして大好きな旅とも掛け合わせて何か面白いことしたい。

一見真面目に見えて、内側は情熱的な私です(自分で言うな)

ということで。以上が現在の結季子のプロフィールとなります。
ここまで長々と読んでいただいた優しいあなたは、きっと今日が良い1日になるに違いない(と信じます)

それでは、またどこかでお会いしましょう。

結季子

タイトルとURLをコピーしました