失敗は存在しない!新しい学校の在り方「私立青空学校」イベントレポート

働き方

f:id:answer-in-myself:20190806204651j:plain

2019年8月5~6日

東海市太田川駅前にあるどんでん広場で行われたイベント「私立青空学校」

ワクワクが止まらない体験レポートです♫

そもそも私立青空学校って何??

私立青空学校は本当の学校ではなく名古屋にあるコワーキングスペースプロコワさん主催の2日間限定イベント。

参加するきっかけとなったのは

年長さんの我が長女。

長女はある日、突然こんなことを口にしたのです。

「学校行ったら勉強しなきゃいけないから行きたくなーい!」

私、仰天(爆)

まだ学校に行っていないのに、どこでそんなことを感じることがあるのか?!

誰かに吹き込まれたのか?!

と思いつつ、私の推測ではドラえもんによく出てくるシーンが影響しているのではないかと思う。

のび太君が宿題できない→学校で怒られる→学校って面倒くさい

みたいな。

まぁ実際、ドラえもんシリーズはよく考えたらのび太君やみんながなにかを学び得る瞬間って、学校の外がほとんどなのだけど(笑)

何のために学び

何のために学校に行くのか?

リアルな母親としての思いと自分自身の思い

どう伝えていこうかと思っていたら、私立青空学校が発足し校長の大嵜さんのヴィジョンに大共感。

準備段階から参加させてもらいました。

f:id:answer-in-myself:20190807001721j:image

まずは大人がワクワクすること

子どもたちに楽しんでもらうのに、大人がやらされ感や嫌々でやっていたらまったく説得力がない!

講師陣は、自分の好きなことや使命感を持って仕事をしている人ばかり。

そもそもプロコワはコワーキングスペース(シェアオフィス)なのでその道のプロが勢ぞろい。

自分の好きなこと、やりたいことを極めている人たちです。

尚且つ、このイベントをそれぞれ楽しんで準備してきました。

そんな大人たちを見てか?

開校前の朝の準備の時間、子どもたちも率先してお手伝い。

f:id:answer-in-myself:20190806203003j:plain

初対面なのに、仲良く「これはこうしたほうがいいね」なんて言いながらマットを敷く姿に、母は陰ながら感動です。

授業の一環としても役割を担うマルシェスペースでは、我が西尾から㈲赤堀製茶場さんが出店!

f:id:answer-in-myself:20190810002430j:image

暑い中食べる抹茶パフェは最高♫

下の部分はお米パフ。こだわりは抹茶だけにとどまりません!

ローカルヒーローグリーンとしても活躍しています!

f:id:answer-in-myself:20190810002444j:image

プロに学ぶ多様な授業たち

夏休み中ということもあり、宿題に応用できる授業もたくさんありました。

定番の作文や、自由研究の題材にもなりそうなプラモデル作り、ロボットアーム

さらにはバイオリン体験や大人も参加できる家庭と子どものお財布講座

東大生による勉強のコツや、アスリートが教えてくれる速く走る方法など盛りだくさん!

授業の様子は地元メディアでも取り上げてもらいました。

【2019年8月6日】自由に楽しむ新たな学び舎 | ちたまるNavi

長女が参加したイラストレーターさんによる塗り絵講座では

ノウハウだけでなく「先生も小さい頃から絵を描くのが大好きで今も描いてるんだよー」とお話ししながらシールやペンを差し出してくれたのが印象的でした。

f:id:answer-in-myself:20190810000017j:image

私が特に関わらせていただいた理科、マルハチプロジェクトさんの授業ではミツバチを通した自然環境の生物連鎖、多様性の話に子どもたちも前のめり!

f:id:answer-in-myself:20190806202904j:plain

f:id:answer-in-myself:20190806202915j:plain

ミツバチについて学んだあとは、遠心分離機で実際にはちみつを絞ります。

ハンドルをぐるぐる回すことで、はちみつが筒の中で飛ばされて下に落ちる仕組み。

ちなみに防護服を着ていますが、本物の蜂さんはちゃんと箱に入っています。

f:id:answer-in-myself:20190806202943j:plain

中央部分がはちみつを入れている途中の穴たち。

周りの白い部分はもうミツバチたちがはちみつを入れて蓋をしてしまった穴だそう。

f:id:answer-in-myself:20190806202921j:plain

搾りたてのはちみつからは、とっても甘い匂い!!

採れた時期が異なるハチミツと搾りたてのハチミツをみんなで試食しました。

そして気になっていた自閉症のVR体験。

f:id:answer-in-myself:20190806220230j:image

VRという機械を使って、自閉症や発達障害と言われる方の視点で実際に授業を受ける感覚を疑似体験することができます。

f:id:answer-in-myself:20190806220233j:image

今回の体験では

①周りの話声が全て一緒に聞こえてしまう(自分が話している相手や先生の話など、特定の人に注力することができずに周囲の人の声が全部聞こえてきてしまう感覚)

②何かに注意を向けたときに、それしか視界に入らなくなってしまう

③蛍光灯の光や音を過敏に察知してしまう

この3つのパターンを体験。

講師の方は、こういった感覚の違いを理解してもらえずに誤解されてしまうことで、学校に馴染めなかったり問題児扱いされてしまったりするけれど、同じ授業を受けていても感覚が違うのだということを知ってもらいたいと仰っていました。

実際に私も体験をしてみて、こんな感じなのか!!と驚きました。

VRなので360度視線を変えることができ、本当に本人の視点でリアルに体験することができます。

これはたくさんの人に体感してもらいたい!!

普段自分が感じている感覚は、自分では当たり前だからわざわざ人に言わないことも多い。

でも実は同じ場所にいてもまったく違う世界を感じているのかもしれない。

この体験を全国で行うためのクラウドファンディングも開催中です!

camp-fire.jp

子育ての悩みも解決!

f:id:answer-in-myself:20190806220241j:image

こちらはドクターカムイの色塗り診断ブース。

帰りの会終了後まで診断が絶えないほどの人気ぶり!!

この道20年のカムイさんが、簡単な色塗りワークからその人の可能性を導き出してくれます。

子育ての悩みが吹っ飛ぶだけでなく、私たち大人もしっかり診断してくれるので

「なんでわかるんですか?!」という声も多数聞こえてきました(笑)

ちなみに今回のイベント画像や名札、各教室の看板などもカムイさんのアドバイスの元に作成しています。

f:id:answer-in-myself:20190806225401j:plain

そして、らくママ代表あこさんを筆頭とするママカウンセラーズによる相談やセッションも!

子どもの個性についてや学校のことなど、経験豊富なママたちが聞いてくれます。

イベントに参加してくれた友人も、このセッションで息子君の悩みが解決した!と嬉しい報告をくれました(涙)

他にも個性分析学や言霊診断など、子どもも大人も自分自身を活かすヒントがいっぱいです!

直近では8月17日にママカウンセラーズメンバー早川陽香ちゃんが座談会を開催するのでぜひチェックを。

以下告知文

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

🎈「おしゃべり空間」開放しまーす🎈
~いっしょに繋がりましょう~

子育て・保育園・学校のこと 自分の周りのこと 何気なく思ってること モヤモヤしてること ちょっと聞いて~って言いたいこと を 和室でお茶しながらおしゃべりしませんか?
話して(放して)聞いて(効いて)ホッとしましょう🍀

◆早川陽香
子ども4人 保育士経験あり(現在も) 昨年 孫が生まれおばあちゃんになりました😊 いろんな人生経験体験中!
8/5.6開催された「青空学校」に参加してきました😊 大人がわくわくする! わくわくしてる人が集まる場所に居る ことを体験しました🎵そこで 同じ空間にいて 顔を合わせて 情報を交換したり 言葉を交わしたり 気持ちを共有することの大切さを実感しました🍀
いつもの行動範囲から一歩出て いろんな人と繋がってみませんか?
行動を起こすことで何かが変わります🎵

(只今 私が体験中🎵)

日時  8月17日(土)13時~
場所  あつ寿司「宴会場」
東海市加木屋町柿畑56ー1
ワイズビル3ーA
参加費 500円(デザート付き)
問い合わせ 090―3937―1603  早川

お友だちとの参加大歓迎🎵
男女問わず どなたでも参加してください🎵
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

失敗は存在しない

日本語教師の先生による「自分ってなあに?」という授業を受けたときのこと。

参加していた高校生が「勉強が嫌い」と言っていたので、どうして勉強が嫌いだと思うのか?と聞いてみると

すぐには明確な答えはでなかったものの、掘り下げると強制されている感じがする、やらなければいけないものだから、というようなことを言っていました。

現役高校生が、15年前の私と同じことを感じているではないか。。。

私自身は教師でもないし、これまで教育関係に関わってきたこともない。

きっと先生方も、思っている以上に過酷な環境で努力しているのだと思う

けれど、今の私はなんだかこれまでの学校というものに違和感を感じる。

今回の私立青空学校の朝礼で、校長である大嵜さんが言った言葉

「失敗は存在しない」

学校に行くと、年齢で区切られた環境で横並びにされることで

できないことやダメなことばかりに目が行きがちのように思う。

でも失敗が存在しないとしたら?

失敗という概念は、学校という枠の中で決まってしまうものなのではないか?

この二日間で体験したことに対して、どう感じるかはその人の自由。

子どもだけに限らず、大人もこのイベントで何か一つでも興味やきっかけを得てもらえたら嬉しいけれど

例え面白くなかったと感じても、それも○

この私立青空学校では失敗は存在しないのだから。

そして少なくとも私は

この2日間とその準備を通して「楽しい」をたくさん選択できたと思う。

企画から関われた事に本当に感謝です!

今回初開催のイベントでしたが、この私立青空学校はすでに来春再び開校が決まっています^^

そして、三河地区でも開催予定!!

今後もイベントを通して、学校や学ぶことへの意識が変化していくことを願います。

ぜひ、次回をお楽しみに♫

タイトルとURLをコピーしました